fbpx

京都の舞妓さんが愛用するフェイスマスク
京都丹後シルクを使用し、京都の仕立て屋さんで1点1点手作りで仕上げられています

京都の伝統工芸が作り上げる
シルクのマスクの
驚きの美肌効果をご体験ください

A face mask favored by Kyoto’s Maiko (apprentice Geisha).
Using silk from Tango, Kyoto, every mask is carefully handmade by Kyoto craftsmen.
Experience the amazing effects that traditional Kyoto silk masks have on your skin.

【京都faceマスク】に使用される生地には【京都丹後シルク】が使われています。
【京都丹後シルク】は京都北部の丹後地方で、約1300年前、当時の日本の天皇に「あしぎぬ」というシルクで作られた織物が献上された事を起源としています。
以来、その気候や風土が生産に適していたために、【京都丹後シルク】は長い歴史の中でこの地方の特産品として培われ、江戸時代中期以降、今のように独特の風合いと感触を最高に発揮する織物になりました。
現在も日本の着物生地の約6割を生産する国内最大の絹織物産地となっいます。
※日本では、シルクのことを”kinu”絹とも呼びます。

【京都faceマスク】に使用される生地には、この【京都丹後シルク】を使用しています。
また、【京都丹後シルク】の中でも、厳しい検査に合格した最高級のシルクだけを使用しています。
【京都faceマスク】には最高級の【京都丹後シルク】をしている検査合格タグシールが付きます。

[Kyoto Tango Silk] is used for the fabric of [Kyoto Face Masks].
[Kyoto Tango Silk] originates back to about 1300 years ago, when a textile made of silk called ashiginu was presented to the Japanese emperor at that time in the Tango region of northern Kyoto.
Since then, thanks to the climate and topography suitable for production, [Kyoto Tango Silk] has been cultivated as a special product of this region for many years, and it has been used as a woven fabric that maximizes its unique texture and feel since the middle of the Edo period.
The area still produces the most silk-based fabric in Japan, comprising about 60% of Japanese kimono fabric. * In Japan, silk is also called kinu.

[Kyoto Tango Silk] is used for the fabric of [Kyoto face masks].
We use only the finest [Kyoto Tango Silk] that has passed strict inspection.
[Kyoto face masks] come with an inspection pass tag sticker to prove they are made of the highest quality [Kyoto Tango silk].

【京都faceマスク】に使用される【京都丹後シルク】は、繭をほぐしてつくられたものです。
繭は、繭の中で生きている蚕を外部環境から守っている天然のシェルターです。
1粒の繭の糸は、通常約1,300mにも及ぶ長く細い1本の糸で、この1本の繭の糸は2本のフィブロインという、たんぱく質の繊維と、これを覆い取り巻くセリシンというたんぱく質から構成されています。
これらのたんぱく質の成分構成は人間の皮膚のたんぱく質に非常に近いものです。

それゆえ、【京都丹後シルク】と人間の肌との親和性が非常に優れており、肌に非常に優しです。

日本では、古来より【京都丹後シルク】を着物に使用しています。
今回、私達はその日本古来から使われてきたすばらしい【京都丹後シルク】をマスクに使用しました。

The [Kyoto Tango Silk] used for [Kyoto face masks] is made by unraveling cocoons.
A cocoon is a natural shelter that protects the silkworm living inside it from the external environment.
The thread from a single cocoon is long and thin, usually extending to about 1,300 m, and it is composed of two protein fibers called fibroin, and the sericin protein that surround them.
The composition of these proteins is very similar to that of human skin.

Therefore, [Kyoto Tango Silk] is highly compatible with human skin and very gentle on it.
In Japan, [Kyoto Tango Silk] has been used for kimono since ancient times.
To make our masks, we have utilized such wonderful [Kyoto Tango Silk] that has been used since ancient times in Japan.

【京都丹後シルク・美肌効果】Beautiful skin effect
シルクは身につけているだけで肌がしっとりスベスベに潤うという、魔法のような繊維です。
なぜ、着ているだけで肌が潤うのでしょうか?
その秘密の答えは、シルクの持つある成分にあります。
シルクは、蚕から作られる繭から取れるタンパク質の繊維で、18種類のアミノ酸が含まれています。これらの絹を構成する成分が極めて人間の皮膚に近いため、非常に肌に優しく馴染んでくれるのです。

また、シルクには、「シルクプロテイン」が含まれており、この成分には角質ケアをする働きがあるので、このマスクをつけるだけでお肌をスベスベにする効果が期待できるのです!

[Kyoto Tango silk for beautiful skin]
Silk is like a magical fiber that moisturizes the skin simply by being worn.
Why does wearing it moisturize the skin?
The secret lies in a certain ingredient of the silk.
Silk is a protein fiber derived from silkworm cocoons containing 18 kinds of amino acids.
The ingredients that make up the silk closely resemble human skin, making it very gentle on the skin.

Silk also contains silk protein, an ingredient that helps maintain collagen, so you can experience a reliable smoothening effect on the skin just by wearing this mask!

【京都丹後シルク・夏も涼しい】Summer is cool and winter is warm.
人体からは1日ほぼ1リットルの水分が発散されています。
衣服には、この水分を吸収して外気に放出する機能、すなわち放湿性(通気性)が求められます。
天然素材の中でも、シルクは、吸湿性(水分を吸い取る)が綿の1.3~1.5倍あり、放湿性(水分を発散する)は約1.3倍あります。
夏涼しいのは、天然素材の中でも、素早く汗を吸い取り体外に放出するという吸湿性・放湿性に優れているからです。
冬、薄くて軽いシルクが暖かいのは、糸の内部に細かい隙間をたくさんもっていて、多くの空気を含むことが出来るからです。
夏は涼しく、冬は暖かい、のもシルクの良さです。

[Kyoto Tango Silk keeps you cool in the summer and warm in the winter]
Almost 1 liter of water is released from the human body each day.
Clothes are required to be capable of absorbing this moisture and releasing it to the outside air, that is, moisture release (ventilation).
In comparison to other natural materials, silk is 1.3 to 1.5 times more absorbent (absorbs moisture) and about 1.3 times more capable of moisture release (dissipates moisture) than cotton.
It can keep you cooler than other natural materials in the summer because of its excellent moisture release which allows it to quickly absorb sweat and release it from the body.
The reason such thin and light silk keeps you warm in the winter is because the inside of its threads is filled with many small gaps and can therefore contain a lot of air.
The fact that it is cool in the summer and warm in the winter makes silk the ideal choice.

【京都丹後シルク・抗菌作用】Antibacterial activity
シルクは、抗菌作用が高く、雑菌の発生や繁殖を抑えてくれます。
敏感肌の方やアトピー性皮膚炎の方でも安心してこのマスクを着用していただけます。
このマスクをつけるだけで、お肌を清潔に保ってくれ、ニキビや肌荒れなどの肌トラブルから守ってくれます。

[Kyoto Tango Silk is antibacterial]

Silk is highly antibacterial and suppresses the growth and cultivation of germs.
People with sensitive skin or atopic dermatitis can wear this mask with confidence.
You can keep your skin clean and protect it from skin problems such as acne and rough skin simply by wearing this mask.

【京都丹後シルク・紫外線カット】Protect from ultraviolet light

シルクには非常に高い紫外線カット・吸収効果があり、身に着けているだけで紫外線の約90%をカットしてくれる効果があります。
この紫外線対策さえしっかりと行っておけば、お肌の老化の約8割は防げるともいわれているんです。

[Kyoto Tango Silk protects against UV rays]

Silk has highly reliable UV blocking/absorbing effects, and you can reduce UV ray exposure by about 90% simply by wearing it.
It is said that about 80% of skin aging can be prevented if such UV protection measures are taken properly.

京都の舞妓さんご愛用の理由
Why do Maiko in Kyoto use this Kyoto FACE mask?

京都舞妓のルーツは今からおよそ300年前の江戸時代、北野天満宮や八坂神社の門前町にあった水茶屋で、参拝客にお茶や団子をふるまった女性が始まりだといわれています。
はじめは「茶屋」の名のとおり、お茶や団子を出すだけでしたが、次第に茶屋の女性たちが舞や歌を披露するようになって、人が集まるようになりました。

かつては9 – 13歳でお座敷に上がり接客作法を学び、芸能など修業して一人前の「芸妓」に成長していた。
※「舞妓」は、一人前になれば「芸妓」と呼ばれるようになります。
※現在、日本ででは、中学卒業後でないとなれない。

通例、半年から2年ほどの「仕込み」期間を経た後、1か月間「見習い」として、姐さん芸妓と共に茶屋で修行する。置屋の女将、茶屋組合よりの許しが出れば、晴れて舞妓として「見世出し」が可能となる。
襟足をV字状に白塗りするのは、江戸時代の女性が生え際の髪を抜いて同形状に整形していた名残である。
通常、舞妓から芸妓になる時期は20歳前後の場合が多い。
このように京都の舞妓さんは若い時から、着物と触れ合うことが多く、着物の素材の特性や効果を日々体感しています。

【京都faceマスク】で使用される生地は、【京都丹後シルク】100%を使用しています。
高級シルクで作られている高級着物と同じ生地なので、舞妓さんに信頼されております。

また、白塗りのお化粧が多い舞妓さんは、普段から肌荒れを気にされる方が多いですが、【京都丹後シルク】は、蚕の繭から取れる天然繊維で、主成分は人の皮膚と同じ【タンパク質】です。
そのため、肌への親和性が非常に優れており、肌に非常に優しいので舞妓さんに安心して使って頂いております。

舞妓さんは、普段からスキンケアは念入りにされます。
【京都丹後シルク】は、美肌効果が期待される成分「フィブロイン」、コラーゲンの主な成分となるアミノ酸がバランスよく含まれており、マスクをつけながら保湿・美白・エイジングケアをしているような効果があるので、スキンケアの一貫としての使用も多いです。

舞妓さんは昼間は芸の稽古を行っていることが多く、外を出歩くことはあまりありませんが、【京都丹後シルク】は、もし日中に外を出歩くことになっても、紫外線カット効果が高いので日焼け予防にも役立つと喜んで頂いております。

【京都丹後シルク】は、吸湿性が高いため肌触りが柔らかい素材です。そのため、肌との摩擦が起こりにくく、静電気の発生を抑えてくれます。衣類を脱ぎ着するときの静電気が気にされる舞妓さんにも喜ばれております。

Why Kyoto’s Maiko use this mask

The roots of Kyoto’s Maiko are said to date back to the Edo period, about 300 years ago, where women served tea and dumplings to worshippers at teahouses in Kitano Tenmangu Shrine and Yasaka Shrine’s Monzen-cho.
Originally, as the term “teahouse” suggests, these were places that only served tea and dumplings, but gradually, the women in the teahouses began to perform dances and songs, and people began to gather.

In the past, Maiko aged 9-13 would join parties held in tatami rooms to learn how to serve customers, and receive training in performing arts to grow into professional Geisha.
* Maiko go on to be called Geisha when they complete all training.
* Today, girls in Japan can only become Maiko after graduating from junior high school.

In general, after a preparation period of about half a year to two years, Maiko train as apprentices for a month at a teahouse with Geisha.
If admitted by the proprietress of the Geisha house and the teahouse association, an apprentice can debut as a new Maiko (“Misedashi”)
The V-shaped white coating on their neckline is a remnant of women in the Edo period who removed and shaped the hair in this spot the same way.
Usually, Maiko become Geisha at around 20 years old.
In this way, Kyoto’s Maiko have interacted with kimono from a young age, experiencing the characteristics and positive effects of the kimono material on a daily basis.

The fabric used for [Kyoto face masks] is 100% [Kyoto Tango Silk].
It is trusted by Maiko as it is made of the same high-quality silk fabric as their kimono.

In addition, Maiko, who have to wear a lot of white makeup, are often troubled by rough skin, but [Kyoto Tango Silk] is a natural fiber that comes from silkworm cocoons, and its main component is [protein], just like what is found in human skin.
Therefore, it is highly compatible with the skin and very gentle on it, allowing Maiko to use it with confidence.

Maiko are always careful about skin care.
[Kyoto Tango Silk] contains fibroin, a well-balanced component that can make the skin beautiful, and amino acids, which are the main components of collagen, and since simply wearing the mask can provide moisturization, whitening, and anti-aging effects, it is often used in skin care regimens.

Maiko often practice arts during the day and rarely go out, but they are very pleased with the fact that [Kyoto Tango Silk] provides them with reliable UV protection when they do go outside during the day.

[Kyoto Tango Silk] is a material that is soft to the touch due to its high absorbency. Therefore, it is less likely to rub against the skin, which in turn suppresses the generation of static electricity. Maiko are also pleased with it since they have to watch for static electricity when changing clothes.

PAGE TOP